事務所紹介

事務所概要

事務所名 生駒いつき法律事務所
所在地 〒630-0251 奈良県生駒市谷田町 808 番地 NAKANO ビル 504 号
電話番号 0743-85-6788
代表 池田寛樹(奈良弁護士会所属)
生駒いつき弁護士事務所 外観
ごあいさつ

 私が弁護士を志したのは、高校時代の頃でした。

当時、弁護士を目指した動機は、仕事として、人生のうちの長い時間を費やすことになるのであれば、やりがいを感じることができる仕事につきたい。困っている人を助けることができる仕事であれば、やりがいを感じると思うが、困っている人を直接助けることができるのは弁護士が一番いいだろうと考えたからと記憶しています。

司法試験合格後は、日本司法支援センター(法テラス)に採用され、1年間奈良市内にある登大路総合法律事務所にて勤務を行った後、法テラス南和法律事務所に赴任し、3年間勤務を行いました。法テラス南和法律事務所は、身近に法律家がいない、法律サービスへのアクセスが容易でない司法過疎地域の解消のために国が設置した事務所です。困難な事件の場合には、他士業の専門家や自治体、福祉機関と連携を取ることで複数の視点から事件を見ることができ、それが問題解決の糸口になることがありました。そのような連携は今でも大切にしています。

誰にでも失敗をすることや困難なことに直面することはあり、何の苦しみもない人生はありえません。そして、トラブルに巻き込まれてしまった方は、何をすればいいのかよく分からず、混乱して大変な状況にあると思います。しかし、「大変」という文字は、「大きく変わる」と読み替えることができるように、自分の人生を、現状よりもより良いものに変えていける機会であると捉えることもできます。実際に事件に取り組んでいく中で、依頼者の方が困難に立ち向かい、乗り越えられていく姿に、弁護士の仕事の醍醐味とやりがいを感じることは多くあります。

全ての問題が容易に解決できるとは限らず、時には、問題に対する態度を考え直す必要がある場合もあります。その際には、ラインホールド・ニーバーの祈りの言葉が参考になります。

『God, give us grace to accept with serenity the things that cannot be changed, courage to
change the things that should be changed, and the wisdom to distinguish the one from the other.』

奈良で弁護士を続けていくうちに、奈良がすっかり好きになりました。そこで私の故郷の尾道とも似たところのある、風光明媚な生駒市に法律事務所を開設するに至りました。

問題解決の方法は、様々です。最善の解決を一緒に考えていきましょう。

弁護士経歴
広島県尾道市出身
2013年3月
中央大学大学院法務研究科修了
2013年9月
司法試験合格
2013年12月
最高裁判所司法修習生(第67期)に任用(実務修習地:和歌山県)
2015年1月
登大路総合法律事務所にて勤務開始
2016年1月
法テラス南和法律事務所にて勤務開始
2019年2月
日本司法支援センター退職
2019年4月
生駒いつき法律事務所開設
これまで・現在の活動状況
  • 生駒市商工会議所
  • 奈良弁護士会(刑事弁護、犯罪被害者支援、労働と貧困、消費者保護、高齢者・障がい者支援など)
  • 労働法判例研究会
  • 吉野町情報公開・個人情報保護審査会会長
  • 行政職員・民生委員の方を対象にした法制度の解説講演
趣味
音楽鑑賞。自分で演奏することも好きです。事務所のロゴマークはギターがモチーフになっています。

代表弁護士 池田寛樹(奈良弁護士会所属)

代表弁護士 池田寛樹

池田寛樹弁護士

PAGE TOP